第6話

前回までのあらすじ
ホテル売り込みの為に出版社を回った面川
当然相手にされず帰って来たが、それを聞きつけた怪しい記者がやってくることになった




村長から奥さんの洋服を借りてきたという面川



おばやんに社長夫人に変して貰うとアイデアを語る



みっちゃんがブザーを設置したと得意げに報告



みっちゃんには御付きに扮してもらうと言う



七郎には近くの別荘にきてるドラ息子になれと言う



誰か来た!と一目散に逃げれば村田さんだった



おばやんとみっちゃんが変装して入ってきた



高間「どう観たって大金持ちのご隠居には見えないよ」



こんにちは…



やすお「ありゃ手が早そうだよ。冬子ちゃん気をつけた方がいいよ あ、みっちゃんもだけど」
みっちゃん「いいわよ、ついでに言ってくれなくても」



紹介できるかどうか分からないけどね。雑誌も競争が激しいから



協力してくれないのなら載せるわけにはいかないねぇ



冬子に金を渡してまで情報を聞き出そうとする



立ち聞きしていたのがばれる



ドラ息子に扮する七郎



金持ち夫人と御付きに扮したおばやんとみっちゃん



七郎に話し掛ける記者 貿易商などと言って誤魔化すが



私もフィッシュからお付き合いさせていただきます



こちらがマネジャのでこちらがお客さん ちょっと見た目では分からんだろがこちらは帆立貝の代わりにジャガイモでね



おばやんがみっちゃんにけんかを売る 連れ出される2人



高間「こちらの方を差し上げた方が宜しゅうございましょう」



記者「そういう特別扱いは困るんですよ こちらを頂きます」
高間「やはりこちらを召し上がっていただきたくて 
コックはほんの少しの焼け焦げにも命をかけてまして」



ベルの調子が悪く鳴り止まない 大貫が治そうとするが治らず



みっちゃんが従業員で隠れていたのがばれる
記者「もう食堂の時から気付いていましたよ」



全部嘘ですね



私の料理も嘘八百でしたか



記事にして貰いたかったんです 大意はありません…



総てを告白し引き上げる面川



夕べは見苦しいところをお見せしました…



記事にしたんですよ…でも出来ないんです



私、フラウの記者じゃないんです。
半年前に裏を取らずにちょっと派手な記事を書いてしまいましてね…



どのくらいあなたに、みんなが期待したか分からないんですよ…でも私も嘘をついていましたから



支配人は殴らなかったが、君達は僕を殴りたいだろうねぇ…
やすお、記者を殴る

−まとめ−
面川の子供以下の発想が破綻をきたす暗い回です しかも記者の方も敗北者と言う
これでもか、という設定。見ていて悲しくなります

・重要度  ★★★★
・面白さ  ★
・お勧め度 ★

高原へいらっしゃいトップ